創ろうみんなでゆたかなまちを!「子育て支援の充実」「市民自治の実現」「人権施策の推進」etc 鳥取県議会議員森まさきは新しい鳥取県政を創っていきます

子育て・分権・市民自治、鳥取県議会議員「森まさき」 公式サイト > めざすこと > 2011~2014 > 農林水産業の発展

QRコード

 

子育て・分権・市民自治の森まさき 公式サイト

 

携帯電話でごらんになりたい方は、こちらのQRコードをスキャンまたはクリックしてご利用ください。



フォローお願いします


民進党ロゴ

農林水産業の発展

農林水産業の発展

 仮称農業塾の開講により技術の継承、農業就業者を増大させるとともに、耕作放棄地の解消(農地の有効利用と食物自給率の向上)を目指します。

 日本海・中海の魚介類の生息環境を修復し、若い漁業者を育成し、鳥取県の重要産業である漁業を振興します。

 技術の継承は、高齢化のなか、もう待ったなしの状態にあります。農林水産業へ若者雇用のチャンスを拓き、世代的にも持続可能なバランスのある県を目指します。

 

 県内での地産地消をさらに進め、県内産品の消費拡大に取り組みます。

 

自己評価 4年間の活動と成果(2014.9.15現在)
民主党政権の個別所得補償は農家の圧倒的な指示を受けていたが、政権交代で廃止、国の減反施策の大転換が行われ、混乱の真っ最中。
しかし、鳥取県において農林水産業は基幹産業であり、今後も推進する。
仮称農業塾については、農豪大学校の短期研修枠の大幅増により、定年帰農者やIJUターン者の技術習得が図られた。
中海浄化策については、浚渫窪地問題を指摘し、窪地解消策を提言した。
現在、中国電力火力発電所の石炭灰を加工した「ハイビーズ」で実験中。